サンプルホーム

文字サイズ

会社案内Information

ごあいさつ

会長・岸脇淳介肖像

「国華園」という商号は、昭和2年に現・代表取締役会長である「岸脇淳介」の祖父 故・岸脇 繁一氏によって名付けられました。 国花である菊の花の、特に観賞用大菊の品種改良・販売等を行っていましたので、命名時に国の花(華)を取り扱う「国華園」と名付けました。 2021年に創業94周年を迎える現在、観賞用大菊の品種中約8割以上が「国華園」の育種品種で占められるまでとなりました。
現在に至っては菊の生産販売にくわえ、球根・花木・果樹・種子・宿根草などの植物から、マルチや防草シート、支柱などの園芸資材を、 日本国内はもとよりアメリカ・オランダ・イタリア・中国 など世界中を股に掛ける園芸総合会社として活動を展開中しております。
さらに、食品の安全が叫ばれる昨今、日本全国各産地より直接仕入れることで実現した、新鮮で高品質な生鮮食品(青果・果物)を、「どこよりも安く!!」をスローガンに掲げ、 園芸センター(和泉本店・二色の浜店)や通信販売で販売中。また、園芸資材で培った商品開発・企画力を生かし、 他社にはない高品質で低価格を実現した自社ブランドの耕運機・草刈り機・高枝バリカンなど農業用機器類や、ドライブレコーダー・防犯カメラなどの販売にも力を注ぎ、お客様より高くご評価いただいております。 常に、時代に合わせた改革・改新に取り組み、お客様の笑顔のために邁進いたします。

株式会社国華園 代表取締役会長   岸脇 淳介

会社概要

商号 株式会社 国華園(こっかえん)
本社 大阪府和泉市善正町10
創立 1927年(昭和2年) 3月1日
資本金 2000万円
代表取締役会長 岸脇 淳介
代表取締役社長 岸脇 啓子
資本金 2000万円
従業員 300人(男150 女150)
TEL 0725-92-2737(代表)
FAX 0725-92-1011

沿革

主なできごと
1927年(昭和2年) 国華園設立 カタログ発行 通信販売を開始
1966年(昭和41年) 卸売を開始
1979年(昭和54年) 菊専門サークル『国華園 友の会』を発足
1980年(昭和55年) 現・社屋に移転
1981年(昭和56年) 「株式会社 国華園」に改組
1984年(昭和59年) 第一回 高松宮杯 日本菊花全国大会を開催
高松宮杯 下賜される
1985年(昭和60年) 各種種苗通信販売部門を開設
1986年(昭和61年) 直売店 園芸センター(現 和泉本店)を新設
1990年(平成2年) 花の万国博覧会『水の館』・『政府館』に出展
1992年(平成4年) オランダ・フロリアード博に出展
宮崎県えびの市に農場を開設
1993年(平成5年) (株)国華園 宮崎を設立し、植物生産・発送部門を増設
1993年(平成9年) 大阪なみはや国体 天覧席に三本立花壇を設置
中国人民共和国 広東省佛山市に中国事務所を新設
1998年(平成10年) 園芸資材発送センターを新設
1999年(平成11年) オランダ王国・リッセ近郊に契約農場を展開
2001年(平成13年) 第二配送センターを新設
2002年(平成14年) オンラインショップがオープン
2003年(平成15年) 二色の浜店がオープン(大阪府・貝塚市)
2005年(平成17年) 国華園・楽天市場店をオープン
2006年(平成18年) 第三配送センターを新設
国華園Yahoo!ショップ店をオープン
2007年(平成19年) 中華人民共和国「第九回・中国菊花展覧会(広東省中山市)」に出展
2009年(平成21年) 和泉本店・二色の浜店にて「生鮮食料品売り場」を開設
2015年(平成27年) 国華園オンラインショップをリニューアル
2016年(平成28年) 日本とカザフスタン共和国の友好親善のため、2017年発表花に、カザフスタン共和国大統領「ナザルバエフ氏」の名前を命名。
2017年(平成29年) 創業90周年を迎える
現会長・岸脇淳介「旭日小綬章」を受賞。
2020年(令和2年) 代表取締役社長 岸脇淳介が代表取締役会長に就任
取締役専務 岸脇啓子が取締役社長に就任 

事業内容

インターネット企画部 商品企画から編集まで、すべて国華園で手がけるこだわりのカタログを年数回発刊!! また、インターネット通販サイトの運営や制作も自社にて展開。 ホームセンターや園芸店では決して買うことの出来ない最新品種や、産地で埋もれている珍品種など、いち早くカタログで販売! もちろん、世界中を駆け巡って集めた植物や園芸資材も惜しみなく、矢継ぎ早に大紹介!
営業・卸し部 全国にあるホームセンターや、大卸業者、公官庁や各種団体の緑化事業部へ、国華園の魅力あふれる植物や園芸資材を卸販売を行っています。
直売部 現在、和泉市と貝塚市に2店舗で運営されています。
国華園 和泉本店は、なんと売り場面積が約15,000坪!貝塚市の二色の浜店は、なんと売り場面積が約10,000坪! 品揃えの多さとその広大な売り場面積は圧倒されること間違いなしです! 気になる価格は、もちろん国華園ならではの低価格で販売!! 皆様のご来園を、スタッフ一同、心よりお待ちしております!
菊花部(大菊品種改良) 国華園と言えば「菊」といわれるほど、大菊では世界No1ブランドを誇ります。 昭和2年の創立より脈々と90数余年続く、変わらぬ大菊品種改良への情熱。 花容、花姿はもちろん、栽培しやすく丈夫な品種の作出を、昼夜を問わず求め続けております。 毎年、30~40品種も新花を発表。種苗法による大菊の品種登録の8割以上を国華園の品種で占めます。 もちろん、日本菊花全国大会や地方での菊花展で上位入賞花のほとんどを占め、菊愛好家からも、絶大なる信頼をいただいております。
種苗の品種改良・育成、園芸資材の生産 国華園の商品には国内外に多数の生産拠点があり、菊をはじめとして種苗の品種改良・育成、園芸資材の生産を活発に展開しています。 国内では大阪はもちろん、宮崎・鹿児島など他府県にもわたり、また海外ではオランダ・イタリアをはじめとするヨーロッパ各国や、 アメリカ・ニュージーランド・中国・台湾・タイなど世界各国に直営または契約農場・生産工場を有しております。 そのため生産した商品をお客様にリーズナブルな価格でご提供させて戴くことが可能となり、その努力を日夜重ねて現在に至ります。
日本菊花全国大会 「日本菊花会」主催の菊作り日本一を決める「日本菊花全国大会」。 菊作りや大菊の展示を通じて、日本国内ならびに世界各国の菊花会との交流を図ると共に、社会情操教育を通じ、 文化の向上ならびに高齢化社会における心身の健康の確保と勤労意欲の向上に資すると共に、地域緑化運動と観光産業の発展に寄与し、 明るく健やかな地域社会と快適な環境づくりを創出することで、社会貢献の一助たらんことを目的とした趣旨に賛同し、 国華園はスポンサー企業として、会場のため国華園の栽培施設を提供など、全面的に協賛しております。
社員研修 毎年一月に、全社員を対象とした社員研修が行われます。 「世界へ羽ばたく国華園!」という目標の元、海外への研修となっています。 過去には、ハワイ・シドニー・ケアンズ・タイ・マレーシア・香港・ロサンゼルス・オランダ・ベルギー・パリ・ロンドン・ 上海・台湾・北京・青島・シンガポール・グァム・ベトナム・韓国などの場所で社員研修を行いました。

配送センターの紹介

第1配送センター 〒594-1122 大阪府和泉市北田中町1-1
K1
第2配送センター 〒594-1123 大阪府和泉市福瀬町803
K2
第3配送センター 〒594-1123 大阪府和泉市福瀬町213-1
K3
第7配送センター 〒594-1125 大阪府和泉市善正町500-1
K7

宮崎・えびの農場の紹介

写真の説明を入れます 写真の説明を入れます

宮崎・えびの農場 外観

宮崎・えびの農場 外観 ゆりの球根栽培風景01 ゆりの球根栽培風景02 ゆりの球根栽培風景03

えびの市は、昼と夜の寒暖の差が大きく、植物の栽培にはうってつけの場所!2万坪の敷地に、倉庫やガラス温室、ビニール温室が立ち並びます。また、周辺では約10万坪で委託で球根などの栽培をおこなっています。

宮崎・えびの農場 宮崎県えびの市西長江浦1331